FC2ブログ

ゴールデンウィークに休出なんて、とんでもない!

本日の結果は、前日比プラス146,000円でした。

180420.png




昨年末比:+3.51% (+99万)





ゴールデンウィークの一週間前となる今日、上長から、「連休中の休出予定を書いてください」と連絡がありました。


帰宅間際にそのファイルを見たら、なんとまあ、多くの社員が出るわ出るわ、連休中に。

中には、月~金までビッシリと5日間出社する人も。


連休中くらい、のんびり休みなさいよ。

特に4・5・6月の給与額は、社会保険料の算定に使われるんですから、休出ダメ、ゼッタイ。



4・5・6月の収入を増やすと、実際手取り収入はどうなるのか



多くの社員は、社会保険料なんぞ気にせず仕事をしているだろうとは思いますが。

実際どれくらい手取りが減るのかを、具体例を挙げて説明したいと思います。



東京都の、社会保険料月額表です。
180420_hoken.png


毎月30万円くらいの給与をもらっている人を例にします。(手取り額ではなく、総支給額)


赤枠で囲った金額の合計(44,655円)が、「1年間払わなければならない、社会保険料の月額」となります。

表を見ると分かりますが、給与額が2万円アップするごとに、社会保険料がアップしていきます。


ゴールデンウィーク中にメチャクチャ働きまくって、5月の給与額が12万円アップしたとしましょう。

4、5、6月の平均給与額は、12万円÷3=4万円アップしたことになります。


すると、社会保険料は青枠で囲った金額(50,609円)にアップしてしまうことになります。

結果、社会保険料の月額は、5,954円もアップします。年額にして、71,448円アップです。



せっかくゴールデンウィーク中に12万円分も働いたのに、増える手取り額は5万円未満でしかないのです。



7月以降に本気を出す



会社の社会保険に加入しているサラリーマンの方々が、4・5・6月に給料を増やすべきではない理由が分かっていただけましたでしょうか。


しかしまあ、これも人それぞれ、考え方の違いがありまして、どっちが損とか得とかはありません。

「今は多く厚生年金を払って手取りが少なくなってもいいから、とにかく将来の受け取り年金額をいっぱいにしたい!」

と考える人もいるわけで。

私なんかは、もう完全に将来の年金などどうでもいいと思っておりますので、目先の保険料を下げることが重要だと考えております。



というわけで、賢く手取りを増やしたいなら、4・5・6月は手を抜いて、7月以降からメチャクチャ働きましょう、というお話でした。


私は年がら年中手を抜いてますけど(笑)



コメントの投稿

Secre

おすすめブログ
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
忍者アクセスランキング
相互リンク

元麻雀&パチプロが、オンライン麻雀に全力投球しながら株式投資で1億円を目指しています。


粘り強く株式投資をされている、金持ちなイケメンバイオリニストです。


時々長期投資で時々毒舌な、結構投資暦が長いFP2級の主婦です。


フリー画像をふんだんに使い、面白おかしく自虐的に株式話を展開しています。


充実した将来を送るために若くして投資を始めたそうですが、今時点でも普通に充実した生活だと思います。

殿堂入り投資ブログ

個人投資家向けの長期投資手法を分かりやすく解説してくれる、株式投資の基本を学ぶ上で至高のブログです。読めばきっとあなたは、株式投資で確実に儲ける方法は長期投資と考えるようになり、ピーター・リンチの本を読みたくなるでしょう(笑)

(旧)エナフンさんの梨の木
こちらはエナフンさんの旧ブログです。併せてお読みいただくと、よりいっそう株式投資の知識が深まることでしょう。
プロフィール

soba

Author:soba
株式投資で大金持ちになりましょう。


※当ブログは、特に管理人の許可なくリンクしていただいてかまいません。むしろしてください。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

インフォメーション