FC2ブログ

「育児は女の仕事」という風潮を無くせない原因、ここに見つけたり

本日の結果は、前日比プラス374,500円でした。

180308.png




赤ちゃん人形のお世話は女の子のお仕事?



幼児向け雑誌「めばえ」を見ていて、ふと思ったのです。


雑誌の裏表紙に、ポポちゃん人形の広告が掲載されていまして、

180308_popo.jpg



使われている写真が、ことごとく女の子がお世話をしているものばっかりなんですよ。

一枚くらい、男の子がポポちゃんを世話してる場面の写真があってもいいだろうに。


そして広告の片隅に、育児の専門家の先生のコメントがあります。

180308_comment.jpg


「将来、良きママになる心をつくるホルモンが分泌されるんですよ」とか書いてあるんです。


良きママって何だと。良きパパは要らねえのかよ、って思いました。



だから男性が育児に参加しづらくなる



これなんですよ。今の日本の悪しき風潮をつくっている原因って。


幼い頃から、「子育ては女の仕事」っていう感覚を当たり前のように刷り込まれているんですね。


で、大人になっていきなり、

「仕事も育児も男女平等であるべき!」

とか

「わが国には育児休暇をとる男性が少なすぎる!」

とか言われても、ハァ?って感じにしかなりませんわ。



こういう細かいところから改善していかなければ、とうてい日本における、「男は働き、女は育児」という風潮をなくすのは難しいでしょう。



もっと男性が普通に育児をする世の中になって欲しい



今、日本の多くの企業で、男性が育児に参加しやすいような規程を設ける動きがあります。

「月に1度は有給休暇をとりましょう」とか、「男性も育休を積極的にとりましょう」とか。

とは言っても、なかなか一家の大黒柱として働く男性が、そういうのを実施するのは難しいという現状がありますけどね・・・



とりあえず私から言いたいことは、育児時短勤務最強伝説。



No title

いつも楽しく拝見しております。ありがとうございます。
今回の記事、男性として禿同でございます。
男女共同参画と掲げるからには仕事はもとより将来の至宝たる
日本の子供の育成も平等であるべきだと思います。
女が稼いで男が育てる。
このスタイルが女性にも受け入れられることを祈念して止みません。

Re: No title

オアシス様、コメントありがとうございます。

ご賛同いただけて、大変嬉しく思います。

男女ともに働かずして子供を育てる、なんてことができれば最高なのですが、なかなかそういうわけにもいきません。

男女のどちらか、労働力に優れたほうが働くでいいと思うのですよ。

我が家では完全に、私よりも妻のほうが労働力が優れてますね。社会性()も高いですし。

今後もよろしくお願いいたします。

No title

こんばんは

この医学博士が言っている「良きママ」ってのを想像すると怖いです。
今のリタイア世代が考える家事育児を完璧にこなす「良妻賢母」でしょうけど。
私は「良妻賢母」には絶対なれませんけど、仕事は半日、家事は適当、育児も適当です。

男性も同じように適当で良いと思います。

Re: No title

アンテイ様、コメントありがとうございます。

「良妻賢母」になる必要もないですね。
男女で協力しあって家事も育児もしていくのが良いと思います。

私の場合、自分が働きたくないから代わりに妻に働いてもらいたい願望の方がだいぶ強いですが(笑)

今後もよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

Secre

おすすめブログ
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
忍者アクセスランキング
相互リンク

元麻雀&パチプロが、オンライン麻雀に全力投球しながら株式投資で1億円を目指しています。


粘り強く株式投資をされている、金持ちなイケメンバイオリニストです。


時々長期投資で時々毒舌な、結構投資暦が長いFP2級の主婦です。


フリー画像をふんだんに使い、面白おかしく自虐的に株式話を展開しています。


充実した将来を送るために若くして投資を始めたそうですが、今時点でも普通に充実した生活だと思います。

殿堂入り投資ブログ

個人投資家向けの長期投資手法を分かりやすく解説してくれる、株式投資の基本を学ぶ上で至高のブログです。読めばきっとあなたは、株式投資で確実に儲ける方法は長期投資と考えるようになり、ピーター・リンチの本を読みたくなるでしょう(笑)

(旧)エナフンさんの梨の木
こちらはエナフンさんの旧ブログです。併せてお読みいただくと、よりいっそう株式投資の知識が深まることでしょう。
プロフィール

soba

Author:soba
株式投資で大金持ちになりましょう。


※当ブログは、特に管理人の許可なくリンクしていただいてかまいません。むしろしてください。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

インフォメーション