FC2ブログ

コピー料金を節約する画期的な方法

本日の結果は、前日比マイナス262,100円でした。

180301.png




皆さん大変長らくお待たせしました。

私の真髄とも言われる、ドケチネタを今日は書きたいと思います。


しかしいつ以来だろう・・・去年は一度も書いた記憶がありませんし。

どういうフォーマットだったかも全然覚えてないし。




プリンターが無いのでコンビニのコピー機で印刷をする



この時期、確定申告書を作成する方も多いと思います。


申告書の作成自体はインターネットのフォームで入力するだけなのですが、紙に印刷する必要があります。

しかし、我が家にはプリンターがありません。

普段ほとんど使いませんし、すぐ壊れるし、邪魔ですし。


というわけで、コンビニのコピー機で印刷する必要があるのですよ。

USBメモリを刺して読み込ませて印刷できる最新式のものに限りますが。



税務署へ提出するためには、必ずA4サイズという決まりがある



税務署に提出するためには、印刷する紙のサイズに決まりがあって、必ずA4サイズで印刷しなければならないです。


普通にコピー機で「A4サイズ」の設定で印刷しますと、印刷した枚数分の料金がかかります。

一枚10円。 私の場合16枚くらいだったので、160円もかかります。



ここで一工夫をいれるわけです。

「2枚を1枚」という設定で、A3サイズに割付け印刷するんです。

180301_copy.png




そうすると、A4縦書きと同じ大きさの書面が、A3に2ページ分印刷されます。

普通にA4印刷をしたら16枚分の用紙代がかかりますが、A3なら8枚分で済みました。その結果、コピー料金を半額で済ませることに成功!



A3サイズはA4サイズの2倍。これは黄金比と呼ばれている



A3サイズもA4サイズも印刷料金は同じで、A3を半分に折るとA4サイズになるっていう法則を上手く利用した節約術でした。


ちなみにこの、A3サイズを半分に折るとA4サイズに、A4サイズを半分に折るとA5サイズになるという法則は、黄金比と呼ばれる数学の有名な法則が利用されているとのことです。


そうそう大事なことを言い忘れていました。

最後に紙の中央で半分にカットするのをお忘れなく(笑)





「育児は女の仕事」という風潮を無くせない原因、ここに見つけたり

本日の結果は、前日比プラス374,500円でした。

180308.png




赤ちゃん人形のお世話は女の子のお仕事?



幼児向け雑誌「めばえ」を見ていて、ふと思ったのです。


雑誌の裏表紙に、ポポちゃん人形の広告が掲載されていまして、

180308_popo.jpg



使われている写真が、ことごとく女の子がお世話をしているものばっかりなんですよ。

一枚くらい、男の子がポポちゃんを世話してる場面の写真があってもいいだろうに。


そして広告の片隅に、育児の専門家の先生のコメントがあります。

180308_comment.jpg


「将来、良きママになる心をつくるホルモンが分泌されるんですよ」とか書いてあるんです。


良きママって何だと。良きパパは要らねえのかよ、って思いました。



だから男性が育児に参加しづらくなる



これなんですよ。今の日本の悪しき風潮をつくっている原因って。


幼い頃から、「子育ては女の仕事」っていう感覚を当たり前のように刷り込まれているんですね。


で、大人になっていきなり、

「仕事も育児も男女平等であるべき!」

とか

「わが国には育児休暇をとる男性が少なすぎる!」

とか言われても、ハァ?って感じにしかなりませんわ。



こういう細かいところから改善していかなければ、とうてい日本における、「男は働き、女は育児」という風潮をなくすのは難しいでしょう。



もっと男性が普通に育児をする世の中になって欲しい



今、日本の多くの企業で、男性が育児に参加しやすいような規程を設ける動きがあります。

「月に1度は有給休暇をとりましょう」とか、「男性も育休を積極的にとりましょう」とか。

とは言っても、なかなか一家の大黒柱として働く男性が、そういうのを実施するのは難しいという現状がありますけどね・・・



とりあえず私から言いたいことは、育児時短勤務最強伝説。



株を買ったら下がるのは、とても素敵なことだと思いますよ

本日の結果は、前日比マイナス1,087,200円でした。

180323.png





昨年末比:-7.26% (-205万)




とうとう私のポートフォリオ内に、超人気IPO銘柄、RPAホールディングスが加わりました。

今年のパフォーマンスはかなり悪いですが、コイツで少しでも負けを減らすことができれば良いと思います。



株を買うと、たいがいは買値より下がる



しかし最近、いろいろな株式ブログを見ていて思うことがあるのですよ。


「買ったら下がった。つらい」


みたいな事を言っている人ね。

本当につらいと思っているのか、わざとつらいと思っているフリをしているのかは知りませんが。



私も昔は、買って下がって含み損になるのがすごく嫌でした。本気でつらかった。

しかしですね、最近はあまりそういう感情がありません。


むしろ、買ったら下がって欲しいんですよ。

それも、思っているよりも酷く、容赦なく下がって欲しい。



株価が下がれば、予定していたより多くの株数が買える



例えば、ある銘柄を100万円分買いたいとします。

私の場合、いきなり100万円分買うのではなく、最初に50万円分くらい買って、様子を見ながらもう50万円分買い足すようなやり方が多いですね。


最初に買う50万円分は、当然、「この値段ならお買い得だ」と思って買うわけです。

しかしながら、尻尾を完全に取るのは難しいと分かっているので、少々の妥協はしますが。



そして次の50万円分をいつ買うか、です。

「買ったら下がる」の法則が発動すれば、次の50万円分は「もっとお買い得に」買えることになります。

(損切りなんてのはご法度だ。)


もしも、最初の50万円分を買った後、下がり続けて一度も含み益にならずに株価が半分くらいになったとしましょう。

すると、次の50万円分で、欲しかった株数の2倍買えてしまうわけです。なんてオトクな買い物だ!



一方、最初の50万円分を買った後、上がり続けて一度も含み損にならずに株価が2倍くらいになったら・・・

当初欲しかった株数が手に入ってない!!今さら買い足す気にもならない!!残念!!

となります。



というわけで、私の場合、買ったら下がって欲しいのでした。



結局どうなんでしょうね?



「いやいやそんなの、何回かに分けて買う場合の、最初の買いの後に下がるという都合のよいパターンじゃん。」

「最初から一気に100万円分買ってそこが底値の場合が一番お得な買い物ができるじゃん。」

「欲しい株数を買い終わったら、もうあとは上がってほしいだけになるじゃん。やっぱオメーはご都合主義の糞野郎だな」


という意見も当然あります。




結論:よくわかんねえし、どうでもいい。



おすすめブログ
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
忍者アクセスランキング
相互リンク

元麻雀&パチプロが、オンライン麻雀に全力投球しながら株式投資で1億円を目指しています。


粘り強く株式投資をされている、金持ちなイケメンバイオリニストです。


時々長期投資で時々毒舌な、結構投資暦が長いFP2級の主婦です。


フリー画像をふんだんに使い、面白おかしく自虐的に株式話を展開しています。


充実した将来を送るために若くして投資を始めたそうですが、今時点でも普通に充実した生活だと思います。

殿堂入り投資ブログ

個人投資家向けの長期投資手法を分かりやすく解説してくれる、株式投資の基本を学ぶ上で至高のブログです。読めばきっとあなたは、株式投資で確実に儲ける方法は長期投資と考えるようになり、ピーター・リンチの本を読みたくなるでしょう(笑)

(旧)エナフンさんの梨の木
こちらはエナフンさんの旧ブログです。併せてお読みいただくと、よりいっそう株式投資の知識が深まることでしょう。
プロフィール

soba

Author:soba
株式投資で大金持ちになりましょう。


※当ブログは、特に管理人の許可なくリンクしていただいてかまいません。むしろしてください。

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

インフォメーション